教会NEWS

東京神奈川の知られざる聖地巡礼ウォーキング(鶴見・川崎編)

投稿日:2021年9月23日

23日(祝)に西東京教区の主に壮年、婦人の方々による「東京神奈川の知られざる聖地巡礼ウォーキング(鶴見・川崎編)が開催され、31名が参加しました。文鮮明先生が日本留学時代に汗と涙で歩んだゆかりの地は、自叙伝にも登場しながらこれまであまりわかっていませんでした。頻繁に通われた「品川の貧民窟」、石炭(コークス)運搬労働をした「川崎の造船所」、硫酸タンクの労働をした「川崎の鉄工所」、文先生が親方に抗議したという飯場の場所など、が調布家庭教会所属の壮年が熱心に探究され、その地と思われる場所をガイドしながら聖地巡礼が行われました。今回は飯場跡と関東大震災直後に多くの朝鮮人を守った大川鶴見警察署長の顕彰碑がある東漸寺にも足を運びました。


 

▲TOP