教会NEWS

令和元年 西東京教区自叙伝書写祈願奉献祭

投稿日:2019年11月11日

11月11日(月)に武蔵野市民文化会館にて「令和元年 西東京教区自叙伝書写祈願奉献祭」が行われました。いつもの書写の流れに加えて書写実践の後は祈願奉献祭という形式を初めて取りいれ、より新鮮な書写祈願奉献祭となりました。初めに2人の歌手からの歌のエンターテイメントから始まりましたが、今回は趣向を変え、ナツメロ、演歌を歌っていただき、大変反響がありました。また9月からおなじみになった「書写アニメ」と書写関係「全国巡回映像」を上映。その後は西武友の会のご夫人から写真を用いながらの娘さんの祝福の証しをしていただき、主催者挨拶として金紋奭代表が登壇されました。メインとして浅川先生からの講話があり、書写実践後はがらりと雰囲気が変わり、清心塔の映像と祭壇が組まれた祈願奉献祭を行い、司会と杉山薫夫人代表による奉献書の意義と説明がなされ、全体で奉献書の記入後は祭壇に向かい代表者たちが奉納しました。その後は全体で所願成就の祈祷を行いながら、金代表と宮司による祈りの場が持たれました。特に宮司による祝詞は日本人に染み付いた神道の精神を呼び起こし多くの方に感動を与え、金代表の祈りをもって終了し、宗教和合を垣間見る一時となりました。最後は全体で「世界が一つになるまで」を歌いながら、全体が復興してこの場を終えることができました。

   

 

 

▲TOP