教会NEWS

神統一世界安着のための 100 万希望前進大会報告礼拝(更新中)

投稿日:2020年8月16日

先日、16日(日)、杉並家庭教会にて本部からの全国要請による「神統一世界安着のための 100 万希望前進大会報告礼拝」が行われました。
開催の目的としましては①神統一世界安着のための100 万希望前進大会勝利の天運を相続、②2020 年度希望前進大会勝利のための精誠、③現場教会及び食口の復興出あり、まず初めに尹煐鎬世界本部長による「報告映像」の上映 があり、次に大会の感想発表及び証しとして、区域長や法務部長、渉外部長、婦人代表による証がありました。証しの内容の中には実の母を大会視聴に動員できた証や、裏方としての証、また動員した議員さんたちの大変感動したという証などがありました。今回の大会は150カ国、188のメディア機関を通じて報道され、PR映像の視聴者3億人、大会行事の視聴者2億人となりました。
真のお母様は「77億人類の3分の1が天の父母様、真の父母様を知らなければならない 天の父母様に侍る3分の1の人類を作ってさしあげなければならない」と語られ、そこに1歩前進することのできた大会となりました。今大会の趣旨は・共生・共栄・共義による神統一世界への安着
・人類一家族平和共同体の重要性を強調・2027年に向けての新たな7年路程の出陣式 等であり、真のお母様の講話
①非常に長い間待っていました。あえて嬉しいです。
②祝福を全人類に与えなさい
③この地球星を大事にしなさい
④韓民族に対する天の願いと期待
為政者は天の声に耳を傾けひざまずいて天の御意に従う姿勢を持たなければならない

お母様が立派な先礼ヨハネを立てて天の父母様と真の父母様の威信を全世界的レベルで証した。

▲TOP