教会NEWS

West Youth Festival2020

投稿日:2020年10月4日

先日10月4日(日)調布市グリーンホールにて西東京教区の青年・中高生・家庭青年を対象とした「West Youth Festival2020」を開催致しました。コロナの影響を鑑み、人数制限をした上で約250名近くの方々が直接参加とその他多数の方々がネット配信を通じて視聴していきました。大会の流れは大きく、成和学生部(中高生)パート成和青年部パート家庭青年部パートの3つに分け、それぞれの特色を醸し出しながら行われました。初めにオープニングとして青年による歌とピアノ演奏を披露した後、実行委員長として教区の成和青年部長からの大会開催の経緯や意義を挨拶として語って頂きました。また来賓として地区成和青年部の林東成部長からも挨拶と祝辞を頂きました。その後は1年間、勉学や活動などで優秀な成績を飾った方々を表彰する場がありました。その後は成和学生部(中高生)パートとして、武蔵野成和学生部長より教区の学生部の取り組みを映像を使用しながら紹介して頂いた後、今年コロナの影響の為 毎年行われている全国合唱コンクールを参加辞退した代わりにそこまで練習を積み重ねた成果を表すためこの大会の為に新たにリモート合唱という形で映像を流しました。また、先日行われたピースロード北多摩2020に参加した中高生5名のメンバーが登壇し、紹介を受けました。そのうちの代表者がそこに参加した経緯や感じた内容などを証されました。続いて成和青年部パートでは今年度に入り大きく体制がは変化したこともあり、改めて各教会の成和青年部長に登壇してもらい、顔合わせをして頂いた後は教区成和青年部次長より青年部の活動紹介と映像を視聴して頂きました。特に今年からは本部・地区からの方針もありCARPとの連携が願われているため、武蔵野CARPの紹介などもありました。また西東京で長く活躍しているWest Youth Choirも代表者からの活動紹介があり、またこの大会の為にリモート合唱という形で映像を披露して下さいました。最後は3年間海外で宣教活動をしてきた青年から現地の様子などを映像使用しながら紹介して頂きました。最後の家庭青年部パートでも家庭青年部代表者から活動の紹介して頂き、家庭をもって間もない代表2家庭へ、「家庭をもってどう感じているか」などの質問をインタビュー形式で司会者からして頂きながら大変、家庭を持つことに希望と幸福を感じれるような回答をしてくださいました。最後はメインスピーチとして本山勝道CARP会長より講話を頂きご自身の証を大変ユーモラスに語って頂きました。最後は記念撮影をして会場に参加したメンバー、ネット配信で視聴したメンバーも共に恩恵を共有しながら大会を終えていきました。
          

 

▲TOP