教会NEWS

祝福推進の為の孝情奉献礼拝

投稿日:2020年11月1日

先日、1日(日)に「祝福推進の為の孝情奉献礼拝が杉並家庭教会礼拝堂にて、実体での参加とネットでの配信による形で行われました。通常の孝情奉献礼拝とは多少異なり、より祝福の重要性にフォーカスしたものとなりました。初めに映像で先日の「天地人真の父母天宙聖婚8周年天寶大祝祭」や「第2回100万名希望前進大会」、「天寶大祝祭」等の一連の様子や、「神日本家庭連合新体制出発式」の様子等を視聴した後、二人の方から祝福に関する証がありました。前者の青年の姉妹は幾度となく祝福に関しての困難に見舞われながらもそれでも両親の支えを励みに果敢に乗り越え、最終的に天の用意された方に出会えたという証や、後者の夫人からは同じく息子の祝福が難航している中、諦めずに越えた中で目の前に準備された方がいたという証があり、祝福の尊さを改めて感じさせる内容がありました。また家庭教育部長からは今後の祝福集会などの説明、紹介をして頂きました。その後の教区長のみ言では、神日本の新体制の状況を説明して下さり、大いなる天運が来ている事と最終的に「祝福」こそが天の与えた最も大きな恵であることを強調されました。最後に教会長より、原理の観点から「祝福」の意義と価値を解説して下さり、①血統転換、②永遠の伴侶、③本然の夫婦愛の完成、④先祖の解放、⑤氏族圏にメシアが誕生 と要約され、結論として神の血統を地上に溢れさせること が天の願いであることを強調されました。
祝福の重要性を再認識、再確認させられる孝情奉献礼拝となりました。

                                 

▲TOP