教会NEWS

孝情祭2020

投稿日:2020年11月7日

11月7日(土)、本部青年学生局主催によりオンラインを通じての「孝情祭2020」が開催されました。昨年より、過去22 年間中高生の心情文化の祭典であった中和文化祭は、「孝情祭」として教会全体と青年学生圏の祭典として新しく出発しました。本大会の目的は
① 天の父母様・真の父母様に孝情をお捧げする
② 家庭連合における孝情文化の発展
③ 青年学生圏の孝情教育と活性化
とし、
真の父母様へ孝情を表現しお捧げするとともに、青年学生圏が孝情を感じ、学び、相続する教育の機会ともなります。本年度は、新型コロナウイルス感染拡大状況を受けて、従来の大会形式ではなく、全国へ中継を配信するオンライン形式の大会として行うこととなりました。今大会では台湾のメンバーによるダンスのパフォーマンスから始まり、1地区から5地区の各地区がそれぞれ映像を作成し、このコロナという逆境に会っても青年学生たちの果敢にみ旨を進めていく熱い思いを映像を通して見事に表現してくれました。各映像の冒頭はその地区の地区長の挨拶が挿入され、地区全体が一丸となってこの孝情祭を意識されている様子が伺えました。また孝情スピーチとして2名が登壇され、前者は次女の方が真の御家庭の御子息と祝福を受けることになり、学生時代、修錬会で神様に出会ってからすべてこの日の為に準備してきたという証や、後者はタイから祝福で日本にお嫁に来られながらも主体者のご家族から厳しくされ、一度は子供を連れてタイに帰国しながらも、やはり天の願いを全うしたいという思いで再度日本に戻り、見事家庭を勝利していったという証などがありました。
また、孝情祭クイズや、フォトコンテスト等、このオンラインの特徴を十分に生かし、表現の制約を感じさせない企画なども多くありました。最後はリモート形式で合唱し、見事なフィナーレを飾りました。
詳しいスケジュールと写真は以下に記載

●オープニング映像
●孝情企画[前半]

  • ①孝情パフォーマンス(台湾)
  • ②「第2地区孝情郎」(第2地区)  
  • ③「平和」― ために生きる真の愛で繋がろう(第3地区)
  • ●孝情スピーチ① 
  • ●全国孝情クイズ選手権 ―クイズ!孝情郎―
  • ●孝情企画[後半] 
  • ④「それぞれの孝情」(第1地区)
  • ⑤5地区からつなげる「天への孝情」(第5地区)
  • ⑥ツナガレ!(第4地区)
  • ●孝情スピーチ② 
  • ●孝情フォトコンテスト 入賞作品紹介 
  • ●フィナーレ

                                                        

▲TOP