教会NEWS

西東京教区新年聖日出征礼拝

投稿日:2021年1月17日

1月17日(日)西東京教区合同で、杉並家庭教会を拠点とし、オンラインで各教会とつながりながらの「西東京教区新年聖日出征礼拝」が行われました。初めに1月8日にHJ天宙天寶修錬苑で行われた「天一国指導者総会閉会式及び新年賀礼会」で語られた真の御母様のみ言を全体で視聴していきました。み言の中で真の御母様は丑年にちなんで、牛の鳴き声の話題から始められ、鳴き声がハングルと英語の表示の違いを語られ、改めてハングルが自然の音をそのまま表記できる優れた言語であることを語られました。また韓国にある古くからの「牛」の童謡を子供に対しての母の様に歌われ、改めて全人類の母であることを象徴されました。そしてコロナ禍で家族が今一緒になれない時代に私達祝福家庭が全体の希望であることを強調されました。映像視聴後は教区長より挨拶を頂き、牛は家業では欠かせない動物であり、その家の為に一生を労力をもって捧げていくので、今年は牛の様に2027年に向かって出発する尊い年であることを語られました。また教会長、教区伝道部長、教区成和青年部長、他より部署ごとの報告をして頂き、教会長からは主に祝福推進についての内容や、伝道部においてはコロナによるオンラインでの取り組みに関して、青年部においては青年圏の10倍化、等を説明して頂きました。その後は各教会長より挨拶と決意表明をして頂き、最後は教区成和青年部長より億満歳をして、新年の出発に相応しい礼拝となりました。

                 

 

▲TOP