教会NEWS

孝情奉献礼式及び伝道礼拝

投稿日:2021年1月24日

1月24日(日)に「孝情奉献礼式及び伝道礼拝」が杉並家庭教会礼拝堂にて、実体での参加とネットでの配信による形で行われました。初めに映像で真の御母様が直接主管される「天の父母様聖会 神統一韓国安着の為の神慶尚国希望前進礼拝」の様子を視聴し、その後は三人の夫人から証しをして頂きました。一人目はある方を家庭書写会にお呼びし続け、賛同会員になってくださり、後で主体者のお母さんから30年前にすでに声をかけられていた方だと知り、因縁を感じたという証と、二人目はある時、祈祷中に霊界に行かれたご両親が寂しそうににされている姿を見て、同じ屋根の下に暮らしながらも未だにこの道に導けていなかった妹夫婦の事を思い、意を決して教会長にお越し頂き、聖水、聖酒、祝祷をしてもらい、妹夫婦も大変喜ばれていたという証でした。その後は教区伝道部長より、オンライン書写会の取り組みなどについて語っていただき、配信される映像の冒頭に今後、真の家庭づくり運動の内容に関して触れていくと説明されました。間にリモート聖歌隊の賛美が挟まれ、杉並家庭青年部の活動・生活の様子が伺える映像を背景に聖歌隊が歌っている映像が写されました。最後は教会長により「なりたい私になるために」という題目で説教され、冒頭から「天国道場」の霊界に関する内容を視聴した後、主に霊界に関する内容に触れられ、霊人体の成長に必要な内容を説明してくださいました。礼拝終了後は今まで青年部で長らくマザーという立場で貢献されてきた姉妹が家庭出発による最後の礼拝という事で挨拶があり、記念撮影なども行いました。


 

▲TOP