教会NEWS

第5回神統一世界安着の為の希望前進大会

投稿日:2021年2月28日

先日2月28日(日)に「第5回神統一世界安着の為の希望前進大会」が開催されました。194カ国に放映され、約300万人が視聴参加し、過去5回の参加者は延べ10憶人にも登ったと発表されました。各要人からの挨拶と基調講演が行われながら、途中、メインである韓鶴子総裁をお迎えしての貴重な講話がありました。真のお母様は、かつてメシアを待ち望んだユダヤ民族はイエスキリストをメシヤとして認めることができず、摂理は失敗に終わってしまったことを語られ、「今78億人類が、天の父母様が人類の父母であることを知らなければならず、これ以上、天の摂理の進展を遅らせることはできません。韓民族は天が選択した民族であるが現在、南北が一つになれない立場で、神統一韓国の夢を描いています。その夢は、必ず、成されます。この韓民族が統一され一つとなり、アジア・太平洋文明圏を通じた神文明圏の潮流に乗り、五大洋六大陸、真の父母の誕生と天の父母様が私たち人類の父母だと知らせるラッパの音が高らかに鳴り響き、78億人類が天の父母様の前に跪き、感謝と頌栄をお捧げする日に向かって、私たち全員が、この瞬間から総進軍することをお願いします。」と力強く語られました。また先日の御聖誕式の内容も合わせ、真のお母様からのケーキカットや各国からの祝辞を述べる場もございました。最後はエンターテイメントなどがあり会場をにぎわせました。

       

 

▲TOP