教会NEWS

第3回青年学生圏孝情礼拝

投稿日:2021年2月28日

2月28日(日)本部未来人材局(旧 青年学生局)より、全国の中高生、大学生、青年を対象としたオンラインによる第3回の「青年学生圏孝情礼拝」が行われました。本山勝道元CARP会長が新たに未来人材局の局長に就任され、その就任の挨拶も兼ねながら前回に引き続き司会を務められました。初めに宮城教区の成和青年部とオンラインでつながりながら、第2回の時の第2部の交流会の様子を語って下さいました。続いて竹内啓晃 神日本大陸副会長より、「分かち合う喜び」と題して説教して頂き、初めに午前中に行われた第5回の希望前進大会の様子を説明してくださり、この真のお母様が築かれた基盤を相続していくのは我々青年圏ではないでしょうか?と強く全体に呼びかけられました。その後、私たちが目指すべきものとして、真のお母様、真のお父様が過去に語られたみ言を引用しながら、孝情郎から心情文化共同へ、そして社会貢献活動へと目指せなければならないと語られました。そして社会貢献活動を模範的に実践されている青森教会と八王子教会を紹介されました。青森ではこの時期は豪雪に見舞われるので、要請があれば市が雪かき等の支援を行うようですが、そうしたアプリなどで市へ要請ができない高齢者の方々へ積極的に青年たちが出向いて雪かきなど行っている様子を見せて下さいました。また八王子教会では議員さんたちの紹介を受け、親からの養育を充分に受けれない子供たちの集うボランティアの子供食堂へ積極的に奉仕活動を行い、そこのスタッフたちと話し合って更に無料の学習塾を行う様になったいう活動報告をして下さいました。
最後は佐野忠圀未来人材局部長兼CARP新会長より今後のお知らせがあり、1部が終了し、2部として各教区・教会での交流会をする運びとなりました。杉並青年部におきましては家庭青年部、青年部、成和学生部が青年のセンターに集まり視聴した後、大変元気よく交流会が行われていました。

         

▲TOP